21.12.8

マーケティング 

メルマガデータ分析

この「30歳を超えてもできる。マーケター成長日誌」では、日頃僕が実践で得た知識/ノウハウの共有をさせていただきます。

 

本日の内容は【メルマガデータ分析】

 

昨日、クライアント企業へ向けメルマガ一斉配信をしました。

本日はその分析データをもとに仮説/検証を行なっていきます。

 

メルマガ内容はこちら。

 

―――――

【お詫び】先週お伝えした内容について

お世話になります。
株式会社●●の▲▲でございます。

先週水曜日にご案内いたしました「テレビ番組×人材採用」についてお詫びがございます。
先着20社の募集とお伝えしていましたが、既に37社よりお申し込み・ご相談を頂戴している状態でございます。
大反響に心より嬉しく思うと同時に、予想以上のご希望に対して混乱が生じている状況です。大変申し訳ありません。

そのため急遽、番組側にも依頼し、同番組の企画枠を50社まで拡張させていただきました。
拡張と申しましても僅かの分と心苦しい限りですが、テレビ番組の企画という性質上、無限にご用意することが難しくなっております。締め切りになってしまった際は何卒ご容赦くださいませ。

前回のご案内を見逃されている可能性もあるかと思い、念のために下記に要点だけを再送致します。(ご不要でしたら飛ばしていただければと存じます)

~~以下、再送~~
「テレビ番組×人材採用」という新しい番組企画が誕生します。
この企画は転職活動中の人たちが自らの価値やスキルをアピールし、御社にマッチすると思えた相手に番組を通じて採用オファーを出せるという内容です。勿論、業界でも初めての試みです。

御社が欲しいスキルを持った人材、足りない経験を持った人材がいると、ピンポイントにオファーを出せる効率も当然ながら、うまく利用することで求人媒体や人材紹介と比にならない圧倒的なコスト感で採用活動も実施可能です。
文面だけで説明するのが難しい程、にわかに信じ難い程の利が期待できる企画となっております。

関係各所とプロデューサーと弊社経営陣が水面下で企画進行を進めておりますが、1人の例外もなく「これは話題になる」と評価を受けているだけでなく、関係各社に「うちも絶対にスカウト活動に参加したい」との希望も殺到中。大きな注目を集めることは間違いないという状況です。

正式リリース時には一気に参加希望の殺到が予想される状況となっております。ただ、申し訳ないことにオンエアーの関係上、番組枠として設けられる数には限りがございます。

そこで弊社とご縁を頂戴した企業様には先行募集枠を設けさせて頂く予定であり、恐縮ながらご連絡を申し上げた次第です。(恐らく20社程の枠となる予定でございます)

“タレントやテレビ番組と人材採用を一緒に“と、話題必須な企画です。是非御社の採用活動、PR活動の一環としてご利用くださいませ。
~~以上~~

長文となり大変恐縮でございます。
もちろん興味がない場合は、無視していただければと存じますが、もし少しでもご興味いただけた際、先行残枠が限りなく少なくなっておりますので、お早めにご連絡いただけますと幸いです。

取り急ぎのご連絡、大変失礼致しました。
今後ともよろしくお願い致します。

―――――

 

上記の文中の「~~以下、再送~~」以下は先週配信した内容になり、昨日お送りしたのはその追撃メルマガです。

 

配信から24時間経過した分析データがこちらです。

先週配信したものと比較していきます。

まずは開封率。

12/1配信は59.9%なのに対し、12/6配信は64.03%。

今回の配信リストは前回配信時に返信がなかった企業へ送っているので、僕は前回の開封率を上回ることはないと予測を立てたのですが、4.13%増加という結果になりました。

 

前回の配信時間は朝9時、今回は17時に配信をしたのですが、現状では夕方のほうが開封率が上がる傾向が見られます。

 

次に返信率は2.59%から1.13%に減少。

上記に書いた企業へ配信を行いましたので、前回より返信率が下がったことは予測内でした。

ただ返信内容の中には「前回のメルマガを見逃していた/興味があった」というものもあり、今回のように同じ内容を再送するのも効果があるという結果が得られました。

 

今までの経験則では、配信から2〜3日間は開封率/返信率に動きがあります。

また明日以降、細かにデータ分析を行なっていきます。

 

 

以上、本日の学びでした!