21.10.21

マーケティング 

30歳を超えてもできる。マーケター成長日誌 #10 〜33歳男性編〜

未完の仲村です︕

本⽇も学びの共有をしていきます。

 

常々教えられている【仮説の重要度】

今回ある課題についての仮説を⽴てましたので、本⽇はそちらを共有しようと思います。

 

その課題がこちら。

————————————————————————————————————————————————

⾃社のサービスをLP にして、広告を回す=何のサービスで回すのが良いと思うか︖その理由をデータを⼊れて説明せよ︕

————————————————————————————————————————————————

 

弊社には様々なサービスがあります。

TVCM・TV番組・総合的なPR/広報⽀援のサービス etc..

 

僕は数多くあるサービスの中でも“エクセレント⼯場”でLP制作、広告を回すべきではないかと仮説を⽴てました︕

 

※ “エクセレント⼯場”を簡単に説明すると

「企業と共同で商品開発をし、未完が企画から⽣産、PRまで全てを請負、結果にコミットする」といったサービスです。

 

ではなぜ“エクセレント⼯場”を選んだのか︖

理由は下記の3つです︕

 

  1. 「先着○○社限定で保証有」など企業負担が実質0円の打ち出しが可能。それによりCPAが下がる。
  2. ⾼単価商品なのでCPA/CPOが⾼くても広告費の回収ができ、さらに利益も⾒込める
  3. あくまで0 円ではなく最低●●円の資⾦が必要なので、上質な企業リストの収集ができ、エクセレント⼯場以外でのアップセルも⾒込める。

 

そして広告費を1,000,000円、問い合わせ数と成約率を変動させた仮説表がこちら。

極論ですが、1社でも成約が獲れれば広告費も回収でき、さらに利益も確保できます。

 

これらの理由から、⾃社サービスで広告を回すのであればコレではないか︕︖の仮説に⾄りました。

これから実際に“エクセレント⼯場”のLP制作に取り掛かります。

 

僕の仮説は正しかったのか︖皆さんも乞うご期待です︕

 

以上、本⽇の学びでした︕