21.05.11

プレスリリース 

【プレスリリースの画像、何を入れていますか?ーー残念すぎるプレスリリースの話】

メディアクラブ会員様を対象に、月10本以上プレスリリースの添削をしています。

 

添削を進めていると、「このプレスリリースはこれ以上よくならないな…」「99%雑誌やテレビが取り上げることはないだろうな…」と断言せざるを得ないケースが少なくありません。

 

私は以前、プレスリリースについては中身のある内容でなければリリースを出す価値は低く、むしろ「いたずらなアウトプットは自社の価値を下げる」という話をしています。

 

記者が読んで「おもしろい!」と思う内容が盛り込まれていなければ、その企業のプレスリリースに対する期待値が下がってしまうからです。

 

では、どうすればプレスリリースを「おもしろい!」と思ってもらえるのでしょうか。

 

その一つが、「画像をしっかり準備すること」です。

 

テレビや雑誌は、番組のVTRや記事に使用できる画像や動画を常に探しています。

 

見出しがよい内容だとしても、番組や記事で紹介できる“絵”がなければ、取り上げようがないということが少なくありません。

 

そのため、たとえば自社や自社商品がテレビや雑誌に取り上げられた場合は、その該当ページや番組キャプチャをプレスリリースに埋め込むのをおすすめします。

 

むろん、著作権の関係でそれが難しいという場合もあるでしょう。

 

その場合は取材当日の写真や、該当する雑誌やテレビ番組のHPのキャプチャでもよいので、それをプレスリリースにぜひ埋め込んでください。

 

「写真がつまらない」と思われた場合、メディアの反応は一気に悪くなります。

 

言い換えれば、「写真が使える!」と思われた瞬間に一気に食いつきはよくなります。

 

プレスリリースは「見出し(事実)」と、「写真」に最新の工夫を凝らしてみてください。