20.09.23

メルマガ記事 

【メルマガ記事Vol.2】PRにおいてタレント起用時の戦法

【雑誌編集者:鈴木俊之】 ~メルマガ記事より~

 

自社商品をPRするために、タレントの起用を考える人は多いと思います。

 

そこでおすすめしたいのは、今をときめく旬のタレントよりも、かつて有名だった一発屋を使うこと。

 

なぜ一発屋か。

 

一発屋は、いまはテレビに出ていませんが、かつてテレビに露出していたため、知名度は高いままです。

 

いま人気がないことは、知名度もないことを意味しません。

 

むしろ、このギャップが広ければ広いほど「お買い得」なのです。

 

たとえば、引退したプロ野球選手は野球の実力は落ちてますが、知名度は高いままです。

 

イチローはプロ野球選手を引退していますが、イチローの知名度は高いままですよね。

 

そのため、タレントを起用する場合は、そのタレントがもっとも有名だったとき、もっとも露出していた時の知名度に注目してください。

 

ダンディ坂野が現在も東京メトロの広告で起用されているのはその理由です。

 

起用したい場合割安な一発屋を使うこと。

 

頭に入れておきましょう!

 

https://www.fnn.jp/articles/-/29506

(転載元:FNNプライムオンライン)