20.05.27

広報支援 

【雑誌第10回】◆「テレビ番組の取材獲得を100%保証します」というPR業者はまず疑え

一部PR会社の中には、商談時に「テレビ番組の取材獲得を100%保証します!」とアピールする会社があります。

 

しかし、このような趣旨のことを言っているPR会社は、はっきり言って詐欺だと判断してよいです。
というのも、テレビ番組の制作陣は、制作の流れ上、そのような発言をすることが絶対にできないからです。

 

テレビ番組は、プロデューサーやディレクターが集まり、毎回の企画会議で次回の放送内容を決定します。
その際に、PR会社が同席することはほとんどありません。
仮にあったとしても、彼らは番組を制作する立場ではないので、影響力も発言力も大きいとは言えません。

 

つまり、番組の企画内容は複数のスタッフによって、時流やスタッフの好みを総合的に組み合わせして決定するのです。

 

そのため、ひとつのPR会社のイチ担当者の意見を素朴に聞くことなどまずありません。
むしろテレビの番組スタッフは、番組のネタを雑誌やネットニュースなど、他のメディアから拾っていくことが大半です。

 

そのため、テレビ番組からの取材を獲得したい場合は、「テレビ局とつながりがある」とアピールするPR会社や担当者よりも、

”雑誌やネットニュースの編集者や記者と知り合って、まずはこれらの媒体に自社や自分が掲載されることを目指したほうが長期的には有効な戦略”

なのです。

 

一口で言えば、テレビ掲載は、「会員制」であり「紹介制」。直接持ち込んですぐに番組になることなど、まずないと思ってください。

 

 

 

鈴木俊之(編集者/メディアコンサルタント)

◆Profile
1985年福島県生まれ。学生時代よりライター活動を開始。大学卒業後、出版社にて裏社会、犯罪、事件誌の編集記者を経て2015年よりフリーランスとなる。「週刊SPA!」(扶桑社)、「PRESIDENTオンライン」(プレジデント社)など大手出版社で編集者として活躍。現在は主に総合週刊誌、ビジネス誌のほか、ネットニュースの編集、オウンドメディア運営にも携わる。専門分野は、ベンチャー、金融、不動産、人材、美容、婚活など。

コメントを残す